若紫 現代 語 訳。 『源氏物語』の現代語訳:若紫8

『源氏物語』の現代語訳:若紫14

😎 」などと惟光に言い含められた。

20

「源氏物語:若紫・北山の垣間見〜後編〜」の現代語訳(口語訳)

🙂 自分の一生は不遇だったのだから、娘の未来だけはこうありたいという理想を持っている。 係り結びの法則については、以下のページで詳しく解説をしていますので、よろしかったら、ご確認下さい。

12

『源氏物語』の現代語訳:若紫8

🍀 嗄々 ( かれがれ )な所々が消えるような声で経を読んでいるのが身にしみもし、尊くも思われた。 と聞こゆるほどに、僧都 そうづあなたより来て、 と申し上げているところに、(尼君の兄の)僧都が向こうから来て、 「こなたはあらはにや侍 はべらむ。

11

紫式部 與謝野晶子訳 源氏物語 若紫

💔 「問われないのは恨めしいものでしょうか」 こう言って横に源氏のほうを見た目つきは恥ずかしそうで、そして 気高 ( けだか )い美が顔に備わっていた。

19

『源氏物語』「若紫との出会い」の現代語訳と重要な品詞の解説6

🤔 四十 よそじ あまりばかりにて、いと白うあてにやせたれど、つらつきふくらかに、 四十過ぎぐらいで、たいそう色白く上品にやせているけれど、顔つきはふっくらとしていて、 まみのほど、髪のうつくしげにそがれたる末も、 目元のあたりや、髪の毛がきれいに切りそろえられている毛先も なかなか長きよりもこよなう今めかしきものかなと、あはれに見給ふ。

18

『源氏物語』の現代語訳:若紫12

🤝 僧都のお返事も同じようなので、残念に思って、二、三日経ってから、北山に惟光(これみつ)をお使いとして出される。 あはれなる人を見つるかな、かかれば、このすき者どもは、かかる歩 ありきをのみして、 何とも可憐な人を見たものだなあ、こうであるから、この色好みの連中は、ただもうこのような忍び歩きをして、 よくさるまじき人をも見つくるなりけり、たまさかに立ち出づるだに、かく思ひのほかなることを見るよ、とをかしう思す。 「さしぐみに袖 濡 ( ぬ )らしける山水にすめる心は騒ぎやはする もう 馴 ( な )れ切ったものですよ」 と僧都は答えた。

『源氏物語』の現代語訳:若紫8

🤗 楽天AD [古文・原文] 「見てもまた 逢ふ夜まれなる 夢のうちに やがて紛るる 我が身ともがな」と、むせかへり給ふさまも、さすがにいみじければ、 「世語りに 人や伝へむ たぐひなく 憂き身を覚めぬ 夢になしても」 思し乱れたるさまも、いと道理にかたじけなし。 私の命がもう 今日 ( きょう ) 明日 ( あす )かと思われるのに、それは何とも思わないで、雀のほうが惜しいのだね。 女王は今夜もまた祖母を恋しがって泣いていた時に、遊び相手の童女が、 「 直衣 ( のうし )を着た方が来ていらっしゃいますよ。

11

『源氏物語』の現代語訳:若紫16

🙃 自分が死んで実現が困難になり、自分の希望しない結婚でもしなければならなくなった時には、海へ身を投げてしまえと遺言をしているそうです」 源氏はこの話の播磨の海べの変わり者の入道の娘がおもしろく思えた。

8

源氏物語「若紫」

😛 その中に 十歳 ( とお )ぐらいに見えて、白の上に 淡黄 ( うすき )の柔らかい着物を重ねて向こうから走って来た子は、さっきから何人も見た子供とはいっしょに言うことのできない麗質を備えていた。

4