ナパーム 弾 の 少女。 ナパーム弾

決して消えないベトナム戦争の記憶とケロイドの激痛 ― 40年前、ナパーム弾で全身が焼けただれた少女は今… (2016年3月21日)

🤘 Facebookはもで批判を受けてきました。 子供たちを巻き込んでしまう戦争の悲惨さがよくわかります。 写真は9歳のキム・プクちゃんが裸でナパーム弾から逃げているところを写したもの。

死よりおぞましい 最凶の禁止兵器5選【写真】

☭ 退院後、フック(左)の自宅を訪れたウト 17歳でAP通信の報道カメラマンに ウトは12人兄弟の11番目として生まれ、兄フィン・タイン・ミを崇拝して育った。 その後エーゲラン氏が同じ写真を再度掲載し、コミュニティにFacebookの行動について議論しようと呼び掛けたところ、同氏のアカウントは9月5日から24時間投稿停止になった。 その資本主義の表の顔を表す象徴として子どもが好む遊園地のアトラクションとファストフード。

12

「ナパーム弾の少女」をポルノ認定で削除してしまうFacebookって…

💅 属国は粛々と従うだけ。 トトロの入浴シーンもカットされる国だからなぁ… ニック・ウトが1972年、南ベトナム軍のナパーム弾を浴びて全裸で逃げ惑う少女を捉えた写真「ナパーム弾の少女」は、世界をベトナム反戦運動に駆り立て歴史を動かした1枚としてあまりにも有名ですが、この名作をノルウェーの作家トム・エゲランドさんがノルウェイ最大の日刊紙「Aftenposten」の特集で紹介したところ、Facebookにあっさりポルノ認定され速攻削除されてしまいました。 フェイスブックはその後発表した声明で、「裸の子どもが写った画像は、通常ならばわが社の規定に反すると判断され、一部の国では児童ポルノに該当するもの だ」とした上 で、今回の写真については「その歴史と世界的な重要性」を認め、検閲の撤回を決めたと説明。

8

「ナパーム弾の少女」をポルノ認定で削除してしまうFacebookって…

😚 戦争での使用 [ ] ナパーム弾の元となった兵器が使用された戦争• 経歴 [ ] 画像外部リンク 、1972年6月8日撮影 ベトナム戦争期 [ ] キムフックは当時、(西寧省)で暮らしていた。

ナパーム弾

✔ 件名は、「アカウントの復元/アクセス禁止解除」• では、アメリカ軍がの隊に使用した。 すると、そのうちの1枚が削除された。 怒りが伝播したノルウェイのErna Solberg首相(SNSが得意)がじきじきに、同じ写真をフェイスブックに投稿して厳重抗議したのですが、それもあえなく削除。

5

写真家ニック・ウト、「ナパーム弾の少女」写真をベトナム女性博物館に贈呈

📞 まあ、声明にはちょっと物足りなさもありますけどね。

9

決して消えないベトナム戦争の記憶とケロイドの激痛 ― 40年前、ナパーム弾で全身が焼けただれた少女は今… (2016年3月21日)

⚔ しかし、ファースはこの少年に厳しい条件を課した。 しかし1968年1月、彼のもとへ戦争の足音が近づいてきた。

17