年の功 ことわざ。 「亀の甲より年の功」とは?意味や使い方を例文を含めてご紹介

年の功 (としのこう)とは【ピクシブ百科事典】

🤜 2021-03-01 19:36:58 新しく作成された記事• どんなに学問を積んでも、経験を超えることは難しいものです。 「年の 劫」は、多くの経験を積むこと、「年の 功」は、長年の功績を意味しており、単に歳を取るという意味ではありません。 「亀の甲より年の功」の意味 「亀の甲より年の功」とは、 年長者が長年培って来た知識や経験はとても貴重で価値があるという意味です。

8

亀の甲より年の劫、亀の甲より年の功

💔 部長のお陰でトラブルにならずにすみました。

「亀の甲より年の功」とは?意味や使い方を例文を含めてご紹介

😎 2021-03-01 19:39:05• そういった点では、と同じような感じですね。

ことわざ格言:亀の甲より年の功。意味・説明

📱 基本的にはお年寄りや目上の人を褒め称えたり、敬意を表したりするときに使います。 「姥捨て山」の逸話にもありますが、年を取って体が衰え、労働能力が落ちた老人を邪魔者扱いする若者は少なくありません。 高齢者、先輩、親など年上の人達は、長く生きている分、より多くの経験値を持っているので、話をちゃんと聞くことは大切だよと伝えたい時によく使います。

13

亀の甲より年の劫、亀の甲より年の功

😩 おばあちゃんは知識が豊富で、さすが亀の甲より年の功だね。

18

年の功 (としのこう)とは【ピクシブ百科事典】

🤑 その小学生は、おじいちゃんやおばあちゃんから様々な生活の知恵を教えてもらって、 亀の甲より年の功だということを実感した。

11

亀の甲より年の功とは?どんな由来がある?

👆 まとめ ことわざは一種の言葉遊びだと思います。

10

亀の甲より年の劫、亀の甲より年の功

😄 「亀の甲」は、甲羅(こうら)のことで、「甲」と「劫(功)」は、同じ音の韻を踏んでいます。 ちなみに、「亀の甲」と「年の劫」は、語呂 ごろ よく韻 いん を踏んで、音をかけているとされています。

10