ダフトパンク 解散。 「ダフト・パンク」が解散 時限爆弾でこなごなに

ダフト・パンクが解散 14年グラミー賞最優秀レコード賞受賞― スポニチ Sponichi Annex 芸能

😄 この動画は、ダフト・パンクが初監督を務め、人間になりたいと願う2体のロボットが旅する映画『ダフト・パンク エレクトロマ』(2006年公開)を元にしたもの。

ダフト・パンクが解散 「エピローグ」動画で幕:山陽新聞デジタル|さんデジ

💖その後、〈1993-2021〉という文字が浮かび上がる。

ダフト・パンクが解散 「エピローグ」と題した動画公開 写真5枚 国際ニュース:AFPBB News

🐝 メンバーの1人が爆発したあと、「1993-2021」と彼らの活動期間が表示される。

ダフト・パンクが解散を発表 30年近い活動でポップス界に数々の足跡

🤙 ヒット曲「ワン・モア・タイム」(2000年)では、『銀河鉄道999』などで知られる漫画家・松本零士氏がミュージックビデオを手がけたことでも大きな話題を呼んだ。 トーマ・バンガルテル()とギマニュエル・ド・オメンクリスト()の2人からなるダフト・パンクはこれまで人目を避け、トレードマークのヘルメットを外す姿が目撃されたことはほとんどなかった。 00年発表の「ワン・モア・タイム」のミュージックビデオ(MV)や01年のアルバム「ディスカバリー」日本盤ジャケットは、メンバーが敬愛する漫画家の松本零士氏(83)が手掛けたことで話題となった。

ダフト・パンクが解散を発表 30年近い活動でポップス界に数々の足跡

🖖 同曲を収録し、ミリオン・セラーを記録したセカンド・アルバム『Discovery』(2001年)は、時代を象徴するエポックメイキングな作品だ。

19

ダフト・パンクが解散 公開された「エピローグ」

😝 ダフト・パンク」(4位)の3曲がTOP10を記録している。 動画やサイトでは解散については触れられていないが、海外メディアはダフト・パンクの広報が解散を認めたことを報じている。

3

男性デュオのダフト・パンク解散 松本零士氏が映像制作―フランス:時事ドットコム

😙 常にロボットのマスクを被って素顔を見せず、独特のSF的な世界を表現したことでも知られている。 1人がもう1人に時限爆弾を起動させ、爆発で粉々になるという内容だった。

20