チェット ベイカー。 歌もトランペットもイケてるチェット・ベイカーの名盤(後編)

音楽コラム「Jazzのススメ」

🐲 舞台は1988年5月13日、アムステルダム。 きっとトランペットのソロだったなら、今にも割れそうな薄いガラスを手にしているようで切なくて悲しげで、1曲を通して聴くに耐え難いものになっていたかもしれないとすら思える。 88年、アムステルダムのホテルの窓から転落死したジャズ・ミュージシャン、チェット・ベイカーの生涯を描くドキュメンタリー映画。

11

チェット・ベイカーの“愚かな魂”の深淵 『マイ・フーリッシュ・ハート』が湛える“音楽そのもの”の魅力|Real Sound|リアルサウンド 映画部

💋 それまでにも薬物事件を多数起こしていたチェット・ベイカーは、妻が3人目の子供を妊娠している最中に、薬物絡みの暴行事件に見舞われます。 、、のホテルの窓から転落死、原因は定かではない。

8

チェット・ベイカー『Chet Baker Sings』解説:“アイドル”となった名作

👌 ちなみに、イーサン・ホークがチェットを演じ、2016年に日本でも公開された映画『ブルーに生まれついて』(2015年)は、どん底の状態から復活を遂げた、このあたりのいきさつを描いた映画になっていた。

8

チェット・ベイカー|ジャズ歌の常識を変えた無垢な個性【ジャズ・ヴォーカル・コレクション13】

♻ チェット・ベイカー・イン・ミラノ - Chet Baker in Milan(1959年)• は、チェット目当ての女性たちで一杯となった。

15

チェット・ベイカーってどんな人?おすすめアルバムや人気映画など現役ジャズトランペット奏者が解説

🙏 伴奏のピアノの電子的な音は、曲全体を暗い雰囲気に沈めてしまわないという点で結構重要な役割を果たしていると思う。 Someday My Prince Will Come 1979年• 中でも、3回目の結婚をした時の妻キャロル・ベイカーとの間には、3人の子供たちをもうけています。 しかも、このピアノ音は、ずっと目立つ音で鳴りっ放しという感じではなく、さりげなく音の隙間で聴こえてくるという具合が絶妙である。

7

チェット・ベイカーを偲んで〜悲劇の終焉を迎えた色男が歩んだ音楽人生とは?|TAP the DAY|TAP the POP

⚐ 28歳になった彼は、薬物中毒の治療のため療養所生活を余儀なくされる。 Broken Wing 1978年• 「ただのジャンキーよ」。

歌もトランペットもイケてるチェット・ベイカーの名盤(後編)

👆 チェット・ベイカーはこのアルバムでは一切歌わず、トランペッターに徹しています。

1

チェット・ベイカー最期の数日 映画『マイ・フーリッシュ・ハート』予告編

👍 Baker, Chet; Carol Baker. とても裕福な家庭で、父親は、大学卒で、歯科医。 アルバムの1曲目には、優しくスイングするようなジョージ&アイラ・ガーシュインの「But Not For Me」が収録されており、チェット・ベイカーは歌い始める前にイントロでトランペットを演奏している。

11