むかし の どうぐ。 むかしの道具調べ

お米を作る道具

🌏 50年ほど前まで ハイトリック(ぜんまい式ハエとり器) ぜんまいでゆっくりと動く四角の木の部分 に、さとう水をぬっておくと、ハエがとれます。 満州国地図帳 昔のちずちょうです いっぱいかみがはさまっていました。

11

洗濯(せんたく)をする道具|さがみはらし

⚐ また、2つの車 (しゃ)りんがついた荷車 (にぐるま)を人 (ひと)がひいて、はこぶこともよくありました。 炭火アイロン 電気アイロンが、出る前の物、火を使っていた。 火事用ポンプ 今では、消化ポンプです。

むかしの道具調べ

☏ 武具 うでと頭につける物です。

5

お米を作る道具

🌏 瓦土製(かわら)の置炬燵(おきこたつ)や置炬燵を格子(こうし)の木枠で囲む櫓炬燵(やぐらこたつ)に続いて、安全炬燵(あんぜんこたつ)が開発されました。 昔のと今のがにていなくてびっくりしました。 弁当ごうり 弁当ごうりは弁当をいれるものです。

人がはこぶ|むかしの道具と人々のくらし|亀山こども歴史館

☭ わらぐつ わらでできたくつ。 これは石 (いし)や土 (つち)などをはこぶためによくつかわれました。

家のつくり|むかしの道具と人々のくらし|亀山こども歴史館

🤭 たかあしぜん 今の 給食のおぼんみたいなものです。

1

人がはこぶ|むかしの道具と人々のくらし|亀山こども歴史館

😊 ーーー日本民具辞典より 囲炉裏を床より下げ、床と同じ高さと、布団を置く上段との二段の櫓(やぐら)を組んだ足を入れられる 掘り炬燵となりました。 布団(ふとん)などに入れ直接手足に当てて暖をとります。

4

冬に使う道具

☕ この分銅の形は蚕の繭をかたどったものといわれており、江戸時代初期に生糸貿易が盛んであり、生糸は貴重品とされたためといわれています。 昔のけい察官は、すごいのを持っていてかっこいいなーと思いました。 歯が多くあるから千歯扱き、千把扱くことができるので千把扱きと呼ぶなどの説があります。

昔の生活道具

💅 吸入器 ぜんそくとかぜに使う物 こんなこんな物があったらべんりだなあとおもいました。 長さ727mm・高さ655mm・奥行き1055mm ・動力脱穀機 どうりょくだっこくき 足踏み式の脱穀機が、やがて石油発動機に変わり、動力脱穀機となりました。

5